「博士と彼女のセオリー」をツタヤTVで見る方法!

 

 

 

 

【この映画について】

 

『博士と彼女のセオリー』は2015年に公開されたイギリス映画です。監督は『キング 罪の王』のジェームズ・マーシュ。難病ALSと向き合いながら2018年に亡くなった物理学者、スティーヴン・ホーキングの半生を描いた作品です。出演は『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のエディ・レッドメインなど。

 

 

【映画のあらすじ】

 

 

 

 

1963年。イギリス、ケンブリッジ。スティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)はケンブリッジ大で物理学を専攻し、「一つの方程式で宇宙のすべてを解き明かしたい」という壮大な夢を持っていた。ある晩、友人宅で開かれたパーティに出席したホーキングは言語学を学ぶ、ジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会う。

 

ホーキングは勉強漬けの青春を送っており、奥手なタイプだったがジェーンの笑顔に一目惚れしてしまう。二人は会話を交わし、連絡先を交換することに。ホーキングはデニス・シアマ教授(デヴィッド・シューリス)から出された難しい課題をわずか1日で終わらせ、高い評価を得る。そして有名な数学者、ロジャー・ペンロース(クリスチャン・マッケイ)の講演会に招待される。

 

その後、ホーキングはジェーンとダンスパーティに参加し、そこでチークダンスを踊る。ダンスの苦手なホーキングだったが、彼女に手を取られ楽しい時間を過ごす。そしてキスを交わし、二人は交際を始めることに。しかし、この頃からホーキングは手足に痺れや違和感を感じるようになっていた。

 

ホーキングはペンロースの公演から着想を得て、「特異点理論」を宇宙に当てはめていくことを思いつく。周囲の協力もあり、彼は研究に没頭していく。だが、以前から感じていた手足の違和感が悪化し、彼は自室で気を失ってしまい…??

 

 

 

【シンゴからのひとこと】

 

20代,男子,映画,おすすめ,無料

2018年に惜しまれながらこの世を去った天才物理学者、スティーヴン・ホーキング。実話に基づいて彼の半生を映画化した作品で、若き日の姿が描かれます。ホーキング博士といえば車椅子に乗っている姿が思い浮かびますが、難病ALSを患う前は才能溢れる健康な青年だったことがわかります。もちろん、ヒロインであるジェーンも実在し、長きにわたって彼を支えたそうです。どんな偉大な才能も、周囲の支えがあって花開くものだと気付かせてくれる作品です!

 

 

 

【無料動画配信サイト紹介】

 

【ツタヤTV】2019年05月31日 23:59まで配信予定!!

 

※2018年8月時点での情報になります。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。