「セッション」をVODの無料お試しで見る方法!

 

 

 

 

【この映画について】

 

『セッション』は2015年に公開されたアメリカ映画です。監督は今作を始め、『ラ・ラ・ランド』でも知られるデイミアン・チャゼル。名門音大に通う若きドラマーと一流ジャズバンドを率いる狂気のバンマスとの奇妙な関係を描いた作品です。出演は『ビニー/信じる男』のマイルズ・テラー、『ザ・コンサルタント』のJ・K・シモンズなど。

 

 

 

【映画のあらすじ】

 

 

 

 

アメリカ。最高峰として知られる音楽大学、シェイファー音楽学院。そこでドラムを学ぶ一年生、アンドリュー・ニーマン(マイルズ・テラー)は他の生徒に埋もれ、目立たない存在だった。授業でも控えの奏者として譜めくりをさせられるばかり。そんなある日、最高のバンマスとして知られるテレンス・フレッチャー(J・K・シモンズ)が奏者を探しているとの噂が流れる。

 

人一倍練習熱心なニーマンはフレッチャーに見初められることを心のどこかで夢見ていた。ある日、ニーマンが一人で練習しているとフレッチャーが現れドラマーを探してるという。ニーマンはチャンスとばかりに叩くも、フレッチャーは少し聴いただけですぐに出て行ってしまう。

 

その夜、ニーマンは父のジム(ポール・ライザー)と映画に出かける。学校の様子を尋ねられたニーマンだが、ジムの口から出た言葉は「音楽以外の道もある」という頼りないものだった。そんなニーマンは映画館で働く同年代の女子、ニコル(メリッサ・ブノワ)のことが気になっていた。

 

翌日、ニーマンが授業を受けていると突然、フレッチャーから呼び出しを受ける。ニーマンは彼に目をつけられ、練習への参加を認められたのだった。はしゃぐニーマンは映画館に出かけ、ニコルをデートに誘う。しかし彼を待っていたのは、想像を絶するほど厳しいフレッチャーの指導だった。そして…??

 

 

 

【シンゴからのひとこと】

 

20代,男子,映画,おすすめ,無料

デイミアン・チャゼルが監督を務め、アカデミー賞で5部門にノミネートされた『セッション』。過激な内容が評判を呼び、日本でも大きな話題になりました。音楽を描いた作品といえば、クラシックやロックが登場することがほとんど。しかし今作では本格的なジャズバンドに焦点を当てたことでとても新鮮な仕上がりになっています。理不尽に追い詰められ挫折し、再び立ち上がる主人公が何を見たのか?20代のうちに是非見ておきたい作品です。

 

 

 

【無料動画配信サイト紹介】

 

ここでは下記のVODサービスを使って無料で見る方法を登録から解約まで詳しく説明しています。

 

 

【ツタヤTV】2024年08月02日 23:59まで配信予定!!

 

※2018年8月時点での情報になります。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。