「インビクタス 負けざる者たち」をVODの無料お試しで見る方法!

 

 

 

 

【この映画について】

 

『インビクタス 負けざる者たち』は2010年に公開されたアメリカ映画です。監督は『15時17分、パリ行き』のクリント・イーストウッド。実話をベースに、南アフリカの大統領と代表ラグビーチームを率いた監督の奮闘を描いた作品です。出演はモーガン・フリーマン、マット・デイモンなどです。

 

 

 

【映画のあらすじ】

 

 

 

 

1994年。南アフリカ共和国。ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は人種差別に反対したことから27年間投獄され、釈放後、同国初の黒人大統領となる。彼は差別を根絶するための政策を打ち出すも、白人と黒人との間には未だ柵が設けられたままだった。マンデラはスポーツによって人々の意識を変えられないかと考え、ラグビー代表チームのスプリングボクスに目をつける。

 

当時弱小だったスプリングボクスには黒人選手が一人しかおらず、監督も白人のフランソワ・ピナール(マット・デイモン)が務めていた。スプリングボクスは白人チームとして黒人たちからは忌み嫌われていたのだった。マンデラはフランソワを官邸に招き、チームを立て直して欲しいと伝える。フランソワは自国で開かれるワールドカップを目標に捉え、チーム再編の計画を練っていく。

 

そして練習の最中、黒人の子供たちにラグビーを教える活動を始める。はじめ選手たちは嫌がっていたが、子供達がラグビーに夢中になるとチームにも団結が生まれていった。ニュースでもスプリングボクスの活動は大きく報じられ、生まれ変わろうとする共和国のシンボルとされた。

 

そして1995年、スプリングボクスはラグビーワールドカップに挑む。弱小だったチームは人種の壁を超え一丸となり、次々と番狂わせを起こしていく。そして…??

 

 

 

【シンゴからのひとこと】

 

20代,男子,映画,おすすめ,無料

ラグビー南アフリカ代表は日本と対戦したことで印象に残っている方も多いはずです。現在は強豪として知られていますが、かつては貧しく、弱いチームだったんですね。マンデラの大統領就任後、差別を撤廃しようとする必死の取り組みが実を結び、団結力のあるチームへと成長していきました。トーンを抑えながらも、それぞれの熱い思いが伝わってくるスポーツドラマに仕上がっています。

 

 

 

【無料動画配信サイト紹介】

 

ここでは下記のVODサービスを使って無料で見る方法を登録から解約まで詳しく説明しています。

 

 

【U-NEXT】2018年8月31日 23:59まで配信予定!!

 

※2018年8月時点での情報になります。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。