「それでも夜は明ける」をU-NEXTで見る方法!

 

 

 

 

【この映画について】

 

『それでも夜は明ける』は2014年に公開されたアメリカ、イギリス映画です。監督は『SHAME シェイム』のスティーブ・マックイーン。実話を基に、19世紀半ばのアメリカで全てを奪われ奴隷となった黒人男性の姿を描いた作品です。出演は『死の谷間』のキウェテル・イジョフォーなど。

 

 

【映画のあらすじ】

 

 

 

 

1841年。アメリカ、ニューヨーク。ソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー)はバイオリンを弾いて暮らす自由黒人。彼は家族と共に幸せな日々を送っていた。

 

しかしある日、夕食に誘われたことから彼の人生は一変する。ワインに睡眠薬が仕込まれており、ソロモンは奴隷として売り飛ばされてしまったのだ。

 

ソロモンが目をさますと、四肢は鎖につながれ馬車に乗せられていた。彼は身分を証明することも叶わず、逃亡奴隷にでっち上げられ移送されていく。

 

その中で、ソロモンは幼い娘を連れたエリザ(アデペロ・オデュイエ)と出会う。彼らはそのまま南部へ運ばれていき、そこで売りに出されることに。

 

ソロモンはプラットと名を変えられ、エリザとともに材木業を営むウィリアム・フォード(ベネディクト・カンバーバッチ)に買い取られる。

 

これまで肉体労働などしたことがなかったプラットにとって奴隷としての暮らしは過酷なものだった。

 

ある日、仕事上のアイデアを出したことをきっかけにして、プラットはフォードから気に入られ、バイオリンを贈られる。しかし監視役のジョン・ティビッツ(ポール・ダノ)に目をつけられ、陰湿な嫌がらせを受けるようになってしまう。

 

ところが、そんなある日、プラットはジョンと揉め事を起こし、フォードからも見放される。そして、プラットは再び売られることになり、綿花農場を営む冷酷な男、エドウィン・エップス(マイケル・ファスベンダー)に買い取られることになる。そして…??

 

 

 

【シンゴからのひとこと】

 

20代,男子,映画,おすすめ,無料

実話を基にし、時代の暗部を描き切った『それでも夜は明ける』。主演のキウェテル・イジョフォーはもちろん、ベネディクト・カンバーバッチやポール・ダノらも名演を見せています。

 

はっきり言って、この作品は、かなりヘビーです。邦題は希望を感じさせるものではありますが、冒頭からラストまで目を背けたくなるような場面がひたすら続きます。

 

差別を受ける側の心理だけでなく、差別する側の心理も丁寧に描写しているところが、多くの作品と異なり良作と言われるゆえんだと思います。

 

 

 

【無料動画配信サイト紹介】

 

 

【U-NEXT】2018年9月30日 23:59まで配信予定!!

 

※2018年7月時点での情報になります。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。