「第9地区」をVODの無料お試しで見る方法!

 

 

 

 

【この映画について】

 

『第9地区』は2010年に公開されたアメリカ、南アフリカ、ニュージーランドの合作映画です。監督は『チャッピー』のニール・ブロムカンプ。南アフリカを舞台に難民のエイリアンとそれに関わる人々の姿を描いた作品です。出演は『ハードコア』のシャールト・コプリーなど。

 

 

【映画のあらすじ】

 

 

 

 

1982年、南アフリカ共和国、ヨハネスブルク。突然上空に巨大な宇宙船が飛来し、そのまま停止する。

 

その後、宇宙船は全く動きを見せず、しびれを切らした政府は内部調査を行い始めた。

 

すると船内には衰弱しきったエビの様なエイリアン達の姿があった。彼らは住む星を失った難民で、そのままヨハネスブルクに降り立ち、隔離地区「第9地区」で生活を送るのだった。
それから28年後。エイリアン達は「エビ」と呼ばれ、下級市民として扱われていた。宇宙船は直らず、仕事はおろか正式な居住区も見つからないまま時間ばかりが過ぎていた。エビ達は「第9地区」内でスラムを形成し、独自の生活を送っていた。

 

そんな中、彼らを管理するマルチ・ナショナル・ユナイテッド社、通称MNUにより居住区が変更されることになる。

 

それを担当するのは職員のヴィカス(シャルト・コプリー)。ヴィカスはエビ達から立ち退きのサインをもらい、引っ越しを促すのが役目だった。

 

しかしエビ達の知能指数は低く、サインの意味などを理解していない。ヴィカスは歯向かうエビを射殺するなどし、強引に立ち退きを進めていく。

 

だがあるエビの住処で、謎の液体を浴びたことからヴィカスは、しだいに自分の腕がエビに変化し始めるのを目の当たりにする。そして…??

 

 

 

【シンゴからのひとこと】

 

20代,男子,映画,おすすめ,無料

監督、ニール・ブロムカンプの名を一躍有名にした『第9地区』。低予算ながら深みのある設定と「エビ」たちを作り込むことでリアリティを持たせています。

 

エイリアンを扱う作品は数え切れないほどありますが、今作の様な形で侵略してくるエイリアスは初めて?

 

ちなみに「エビ」たちはモーションキャプチャーではなく、ロトメーションという技術で描かれているんです!

 

 

 

【無料動画配信サイト紹介】

 

ここでは下記のVODサービスを使って無料で見る方法を登録から解約まで詳しく説明しています。

 

 

【U-NEXT】2018年8月31日 23:59まで配信予定!!

 

※2018年7月時点での情報になります。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。