4月1日(土)観る音楽、聴く映画 ー番外編ー「眩しくて見えなかったから長い瞬きを繰り返した」

観る音楽、聴く映画 ー番外編ー「眩しくて見えなかったから長い瞬きを繰り返した」

会場・日時
ニュー八王子シネマ 3F シネマ2
4月1日(土)開場:16:00 上映開始:16:20 上映終了:17:50

前売り1,300円 当日1,500円

チケットのお買い求めはこちらから(チケットペイ)
https://ticketpay.jp/booking/?event_id=7723
※入場は整理番号順、全席自由です。

 

音楽好きと映画好きが同じ空間で、音楽と映画の魅力を立体的に楽しむイベントとして、過去TAMA映画祭や下北沢レインボー倉庫でも開催したイベント【観る音楽、聴く映画】。

今回は音楽から派生した、音楽に深く絡み合った映画を特集上映!
素晴らしい楽曲と共に、響き渡る映像世界を、是非ぜひお楽しみください!
『眩しくて見えなかったから 長い瞬きを繰り返した』は、ロックバンド〈COUNTRY YARD〉のミュージックビデオ「Starry Night(ドラマver.)」の続編をイメージして作られた長編映画です。

<STORY>
両親を失ったみゆき(新井みゆり)は一人、島にやってきた。波に揺さぶられる小さな船の上で目を覚ましたみゆきが見た光景は、砂浜で旗を降る汐里(城戸愛莉)の姿だった。汐里は生まれつき身体が弱く、それを隠す為に粗野で意地悪で口が悪い、憎まれ役を演じるようになっていた。それに手を焼いた汐里の母親は病気の療養という名目で、まだ幼い彼女を島で暮らす梓(高山都)に預けたのだった。
その島は成長を続ける現代文明に逆らうように、はずれにあるただ一つの風車が起こす電気だけで人々は生活を営んでいた。そんな時が止まったかのような島で、まるで無垢な少女さながらの汐里はどこか窮屈そうだった。病弱で思い通りにならない身体だったとしても、少女はやがて成長して大人になってしまうのだから。
時折、汐里はとても怖くなる。
”この島の事は好きだけど、もしかしたらあたしはこのままどこへもいけないのかもしれない”

ある日、汐里は島の子供達と遊んでいる純(末松暢茂)を見かける。純は熱病で倒れてしまった汐里を助けた事がきっかけで、診療所の山崎(結城貴史)に島で暮らす事を薦められる。梓の食堂で働き始めた純。言葉少なで素性はほとんど話さない純だったが、汐里は次第に、純のその柔らかい雰囲気に惹かれ始める。そんな時、都会から絢(渡辺奈緒子)が純を追って島にやってきた。
”こんなところで何してるの?早く戻りなさい”

大切な何かを失った人だけが訪れるこの島。
何もかもが溢れすぎている都会で、大切なものを見失う事。
何もかもが手に入れられる世界で、大切なものを失くす事。
あたしはそれが
眩しくて見えなかったから、長い瞬きを繰り返した。

<解説>
監督は『Tronto Japanese Film Festival』『山形国際映画祭』『広島映像展』など、国内外で数々のタイトルを受賞している池田圭監督。
AIR SWELL、AK-69、AYUSE KOZUE、BROWN SUGAR、COUNTRY YARD、DS455、DJ PMX、FAT PROP、HEAVY CLAFT、Ivory 7 chord、SHANK、など数多くのアーティストのミュージックビデオ作品を手掛けながら、映像だけにとどまらず、舞台演出・脚本家としても活動の幅を広げている。

主演ヒロイン(汐里役)には、第1回 LDH DREAM GIRLS AUDITION グランプリの城戸愛莉。ベルリン映画祭受賞作品「ヘブンズストーリー」瀬々敬久監督や、「夢の中へ」園子温監督などに出演の結城貴史(山崎役)や、映画「nude」小沼雄一監督主演、「アウトレイジ」北野武監督などに出演の渡辺奈緒子(絢役)、UPSにて演劇を学び、ハリウッド映画「BABEL」アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、など国内外様々な作品に出演の末松暢茂(純役)、東京FM 「RADIO DRAGON」 メインDJを務める高山都(梓役)、ゲスト出演では、佐藤二朗、星ようこ、広澤草、加賀美早紀といった演技派俳優陣が参加。
そして今作の前身であるCOUNTRY YARD MV「Starry Night」での名演技が話題を呼んだ新井みゆり(みゆき役)など、注目の俳優が多数出演。
また、主題歌はCOUNTRY YARDが、今作のために楽曲を描き下ろした「I’ll Be With You」、挿入歌「Starry Night- Acoustic Ver. -」を手掛ける。

 

会場・日時
ニュー八王子シネマ 3F シネマ2
4月1日(土)開場:16:00 上映開始:16:20 上映終了:17:50

前売り1,300円 当日1,500円

チケットのお買い求めはこちらから(チケットペイ)
https://ticketpay.jp/booking/?event_id=7723
※入場は整理番号順、全席自由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です